ディベートとは

「ディベート」という言葉を聞いて、皆さんはどういうものを思い浮かべるでしょう。
みんなで輪になって一緒に話し合うこと? それとも、言いたい放題の果てしない言い争い?
なんとなく、議論をすることなんだな、とわかっていても、しっかりとしたイメージを持っている人は、意外に少ないかもしれません。

一般的な定義では、ディベートとは、

「ある特定のテーマの是非について、2グループの話し手が、賛成・反対の立場に別れて、第三者を説得する形で議論を行うこと」

であるとされています。
たとえば、「日本は高速道路の建設をやめるべきだ」というテーマを与えられたら、聞き手に対し、賛成派はそれによっていかに素晴らしいことが起こるのかを訴え、逆に反対派はそれによっていかに恐ろしい問題がおこるのかを訴えるのです。
こうした形の議論は、実社会でもひんぱんに行われており、たとえばアメリカ大統領選挙における候補者の公開討論や、裁判での検察側・弁護側の応酬などは、この典型的な例だといえます。

私たちNADEが普及につとめている教室ディベートとは、その中でも特に教育的効果を重視した、ジャッジが勝敗を決めるゲーム形式のものです。
公平を期すため、実際の試合では、賛成側・反対側の割り振りはランダムで決められます。
さらに、話す順番・制限時間も細かくルールで定められており、原則として一人の人間が話している間は、他の人間が発言することはできません。
このスタイルの中では、選手は自分が賛成・反対どちらの立場になるのか、試合の直前までわかりません。
従って、試合に向けて準備する過程では、選手は自分の個人的な主義主張をいったん脇において、賛成派・反対派双方の言い分を慎重に考慮しながら、もっと客観的な視点から、話し合うテーマと向き合うことになります。

また、ジャッジの説得が目的となるために、試合の中では、きちんと理由・筋道をつけて自分たちの主張を正確に相手に伝え、納得してもらうことが求められます。
場合によっては論文や文献を調べ、専門家の発言を引用することも有効でしょう。
チームを組んで試合をする場合には、互いに意思疎通をはかり、主張に一貫性を持たせることも大切な要素となります。
こうした一連の議論の過程を通じて、一般に以下のような能力が身に付くとされています。

  • 客観的・批判的・多角的な視点が身に付く。
  • 論理だった思考ができるようになる。
  • 自分の考えを筋道立てて、人前で堂々と主張できるようになる。
  • 情報収集/整理/処理能力が身に付く。

また、相手に勝とうと努力していく中で、ゲームの緊張感を楽しみながら、自然とこうした能力を身につけられるのも、ディベートの魅力の一つです。
もともと欧米で生まれたディベートは、その後様々な形にスタイルを変えて世界各地に普及、コミュニケーション能力の向上に貢献してきました。わが国でもこうした動きは古くから存在していたものの、残念ながらまだ他国に比べて普及率が高いとはいえない状況です。

日本には議論下手・交渉下手な人が多い、という有り難くない評価が定着していますが、ディベートをはじめとする議論の文化がしっかりと根付いていないことも、その理由の1つとしてあげられるでしょう。
この現状を打開すべく、大学生・社会人の団体が精力的な活動を行っているほか、教室ディベート連盟でも96年以降、毎年「ディベート甲子園」という中高生のための全国大会を開催しています。
こうした動きに加え、近年では学習指導要領の改訂をきっかけに教育者の間でも関心が高まり、特に国語・社会・総合学習の分野で、ディベートの手法が徐々に取り入れられつつあります。