当連盟監事 渡辺徹の訃報について

当連盟監事の渡辺徹さんにおかれましては、かねてより病気療養中であったところ、2021年9月20日に逝去されました。
渡辺さんには当連盟がNPO法人となって以降、監事として当連盟の業務監査を担っていただき、理事会に対しその深い見識に基づく貴重なご意見をくださっていました。
また、渡辺さんは審判や論題検討委員会の委員として長期にわたりディベート甲子園をはじめとする当連盟の活動を支えてくださいました。
ディベート甲子園全国大会では決勝戦の審判を多くつとめられ、毎年素晴らしいスピーチで、判定を説明してくださいました。
渡辺さんのあまりに早いご逝去に深く哀悼の意を表するとともに、生前の多大なるご功績に感謝を申し上げます。

全国教室ディベート連盟理事長 藤川大祐

NEWS & TOPICS

記事一覧

ご挨拶

 複雑な問題の数々に見舞われる現代社会においては、正解の決まっていない問題についても考え抜いて答えを導く力や、自分と異なった考えを持ち異なる環境に置かれた他者と対話し互いを理解する姿勢が求められるようになっています。

 そのためには、問題についてよく調べ、相手の話をよく聞き、様々な視点や立場から検討を行った上で、堂々と分かりやすく、説得的に説明することが必要です。こうした力をゲーム感覚で身に着けることができるのが「ディベート」です。

 私たち全国教室ディベート連盟は、全国の中高生が集い熱い議論を繰り広げる「ディベート甲子園」の開催や、教材の開発、講習会の実施や指導者の派遣といったディベートの普及活動に取り組んでいます。こうした活動により、困難な課題も対話を通して共に乗り越えられる社会の実現を目指しています。

支部サイト更新情報

MENU
PAGE TOP