新着情報

立論グランプリ 2020 予選結果を発表しました

全国からご協力いただいた70名の審査員により、皆様の立論原稿の採点を行わせていただきました。
厳正な審査の結果、予選順位が決定しましたので、予選結果発表のページで公開させていただきます。
  • 順位・得点の公表は中高それぞれ上位10校まで、そのうち5位までが決勝に進出となります
    ※今回、中学の部は5位が同点で2校となったため、合計で6校が決勝進出とします
  • 得点は640点満点です。
  • 全予選参加校に対しては、個別に自チームの成績および審査員コメント(任意記入)を、近日中に主催者から申込責任者にメールで通知します
  • 決勝進出校に対しては、個別に決勝審査の登録方法を、近日中に主催者から申込責任者にメールで通知します

≫ 続きを読む

プレスリリース   2020/10/25

NADE 新HP用コピーを募集いたします。

この度全国教室ディベート連盟では連盟HPの更新する予定です。
そこで、今まで使用していた「私達の思いを私達の言葉で。」に代わる新しいコピーを募集いたします。

ディベートの意義や魅力について一緒に考えてみませんか。

投稿フォーム ※応募は締め切りました、たくさんのご応募ありがとうございました。


テーマ:ディベートの意義、魅力、楽しさなどを伝えるコピー(20文字以内)

募集期間:2020年9月24日(木)~ 2020年10月31日(日)

応募資格:特になし 団体、学校での応募も可

決定:2020年11月 ※常任理事会にて候補を絞り、運営会員による投票により決定。

発表:2020年12月を予定(連盟新HPの公開と同時)

注意事項:応募案に関する著作権など一切の権利は全国教室ディベート連盟に帰属するものとします。

応募は自作であり、未発表のものに限り、第三者の著作権、商標権、その他の権利を侵害しないものに限ります。



≫ 続きを読む

  2020/09/22

立論グランプリ 2020 申し込みの締め切りが間近です

立論グランプリ 2020 の申し込み締め切りまで、あと10日ほどとなりました。
参加予定の皆様は、最後まで立論の作り込みに余念のない事と思います。
ですが、ギリギリになって、接続エラーなどで締め切りまでに申し込みができなかったなどという事がないよう、余裕を持っての申し込みをお勧めします。

さて、本日は立論グランプリのスケジュール後半(決勝審査登録締め切り, 決勝結果発表・表彰式)の日程を確定し、ページを更新いたしました。
12/13(日)の決勝結果発表・表彰式は、入賞立論動画の発表、審査員代表による講評・解説なども交えながら、どなたでもご覧になれるオンライン配信を予定しております。
大会に参加予定の選手はもちろん、中高生のディベート活動に関心のある皆様も、是非予定を押さえておいていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

http://nade.jp/grandprix/2020/

≫ 続きを読む

  2020/09/20

ディベート甲子園 審判テキスト 発行のお知らせ

従来「審判講習会テキスト」として公開していた文書についてですが、2016年の改訂を最後に更新ができておりませんでした。
http://nade.jp/files/uploads/judge-seminar2016.pdf

そこで、連盟ではこの度、本テキストの全体的に内容を見直し「ディベート甲子園 審判テキスト」として刷新いたし ました。
http://nade.jp/koshien/judge

これから審判に携わるようになる方はもちろん、 既に審判を経験されている方の振り返りのためや、 選手が審判の視点を学ぶためにも有用なツールと思いますので 是非ご活用ください。

≫ 続きを読む

サイト更新情報   2020/09/06

立論グランプリ 2020 開催のお知らせ

全国教室ディベート連盟は、本年中止となった全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園)の代替企画として「立論グランプリ 2020」を開催いたします。
詳細については下記のページを参照ください。
http://nade.jp/grandprix/2020/

≫ 続きを読む

プレスリリース   2020/08/09

フェイクニュース論題振り返り講座のご案内

本年は大変残念ながらディベート甲子園は開催中止となりました。
そのため、本来選手として参加される予定だった皆さんの新たな学びの場の一つとして、昨年の第24回大会で高校論題として採用した「フェイクニュースの規制」をテーマにしたオンラインセミナーを開催致します。
講師には昨年開催した論題勉強会でご登壇いただいた楊井人文さんに再度ご登場いただきます。
 
昨季はディベートの試合や準備を通して、選手の皆さんはフェイクニュースという日本、世界が直面する大きな課題についてに様々思索する機会にもなったかと思います。
今回はディベートのシーズンが終わった後にあえて再びセミナーを行う事で、ディベートの試合の枠のみにとらわれない、論題に対する新たな発見、理解、思索を深める一助となれば幸いです。
 
【日時】2020年8月29日13:00‐15:00オンライン開催

 
【講師】
講師:楊井人文氏 特定非営利活動法人ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)事務局長
出演者1:工藤博司 J-CASTニュース編集委員、当連盟常任理事
出演者2(司会進行):佐藤明大 当連盟常任理事、論題検討委員長
 
【参加費】無料
 
【参加対象】自由
 ※但し、通信ツールの都合で同時参加人数に上限がございます。
  その場合、応募が早い順及び中高生を優先させていただく場合がございます。
 
【参加申込期限】
2020年8月15日(土)24時まで ※応募状況次第で前後する可能性があります。

【イベント詳細及び申し込みはこちら】
https://forms.gle/SNDsAKAUgoHDJGQs8

≫ 続きを読む

プレスリリース   2020/07/28

「ディベート指導者研修会オンライン(DeSKO)」参加者募集

《趣旨》
 ディベート甲子園が中止された今年だからこそ、ディベートの本質に立ち返った理解を深める時間を設けましょう。
 指導者を含めた参加者全体で、モデルディベートへの取り組みを、準備の段階から共に体験することにより、コーチングの観点からディベートの指導法を捉え直して、日頃の指導の向上に繋げる企画を行います。
 企画は全てオンラインで行われ、日頃忙しい指導者の方々に配慮したスケジュールを組みます。参加費は無料です。是非、全国各地からご参加ください。

《対象(参加資格)》
★学校の先生方(中高のみならず)、及び各地でディベートの指導をされている方
☆(上記の方々と一緒に参加という形で)大学生以上の方

《参加形態(コース)》
○指導者(コーチング)コース
 部活動の顧問等でお互いに、生徒や参加者のディベートを向上を図る指導法等について学び、スキルアップをめざすコース
○ディベート(試合優先)コース
 「試合をすることこそスキルアップ!」と、大会等のない今だからこそ指導者同士での対戦を楽しむコース
○初心者コース
 東北地区で実施している初心者講座をオンラインで体験するコース

《研修用論題》
「日本は全ての学校の学年開始時期を9月にすべきである。是か非か」
(付帯文有り)

《期間》
8月にチェックインを開始。お盆明け~10月中旬
(スケジュールの詳細は、参加者の皆さんのご都合を伺った上で決めます)

《申込みフォームのURL》(Google Formの短縮URLです)
http://u0u1.net/XPln
《詳細》
 下記URLご参照ください。
https://note.com/754_nako_p/n/n45cec1543661


≫ 続きを読む

プレスリリース   2020/07/28

電子機器の使用について

近年、パソコンやスマートホンを試合中に使用する選手が多くみられるようになりました。それに伴い、試合中の電子機器の扱いについて、選手や学校によってルールの理解が異なるために、トラブルも報告されています。

本通達では、試合中の電子機器の取扱いに関するルールについて、選手の皆様に対して、連盟としての見解を示します。

http://nade.jp/files/uploads/rule_electronic_equipment_20200225.pdf

≫ 続きを読む

  2020/02/25

4月28日 論題勉強会(in立教大学) 午前の部中学論題講師決定のお知らせ

4月28日(日)立教大学にて開催する論題勉強会の講師が決定いたしました。

詳細はこちらをご覧ください。

≫ 続きを読む

プレスリリース   2019/04/21

4月28日 論題勉強会(in立教大学) 申し込み開始 及び 午後の部企画決定のお知らせ

2019年4月28日(日) 立教大学にて開催の論題勉強会の参加申し込みを開始致しました!

また、午後の部企画も決定いたしました。当連盟の講師陣がディベートに関する様々な講座を開催いたします。

詳細はこちらをご覧ください。

≫ 続きを読む

プレスリリース   2019/04/15