第18回 全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園) 出場校一覧

(2013年7月21日現在)

中学校の部 (24校)

 北海道地区代表 (1校)
  岩見沢市立北村中学校 (北海道・初出場)
 
 東北地区代表 (2校)
  いわき市立中央台北中学校 (福島県・初出場)
  相馬市立向陽中学校 (福島県・4年連続4回目)

 関東甲信越地区代表 (5校)
  創価中学校 (東京都・11年連続16回目)
  女子聖学院中学校 (東京都・2年連続6回目)
  渋谷教育学園幕張中学校 (千葉県・2年ぶり9回目)
  広尾学園中学校 (東京都・初出場)
  聖光学院中学校 (神奈川県・初出場)

 東海地区代表 (5校)
  東海中学校 (愛知県・8年連続9回目)
  名古屋市立浄心中学校 (愛知県・3年連続6回目)
  金城学院中学校 (愛知県・11年ぶり2回目)
  高浜市立高浜中学校 (愛知県・2年連続2回目)
  岐阜聖徳学園大学附属中学校 (岐阜県・初出場)

 近畿・北陸地区代表 (3校)
  奈良学園登美ヶ丘中学校 (奈良県・3年連続3回目)
  灘中学校 (兵庫県・初出場)
  関西創価中学校 (大阪府・2年連続2回目)

 中国・四国地区代表 (3校)
  広島県立広島中学校 (広島県・4年ぶり2回目)
  慶進中学校 (山口県・初出場)
  岡山白陵中学校 (岡山県・4年連続12回目)

 九州地区代表 (5校)
  精道三川台中学校 (長崎県・8年連続8回目)
  福岡教育大学附属小倉中学校 (福岡県・18年連続18回目)
  大分大学教育福祉科学部附属中学校 (大分県・2年連続6回目)
  青雲中学校 (長崎県・3年連続9回目)
  昭和薬科大学附属中学校 (沖縄県・2年ぶり8回目)

高校の部 (32校)

 北海道地区代表 (2校)
  北嶺高等学校 (北海道・14年連続14回目)
  東海大学付属第四高等学校 (北海道・3年ぶり6回目)
 
 東北地区代表 (3校)
  秋田県立能代高等学校 (秋田県・3年連続13回目)
  福島県立会津高等学校 (福島県・9年連続9回目)
  東北学院高等学校 (宮城県・3年ぶり10回目)  

 関東甲信越地区代表 (6校)
  創価高等学校 (東京都・18年連続18回目)
  開智高等学校 (埼玉県・初出場)
  慶應義塾高等学校 (神奈川県・8年ぶり4回目)  
  早稲田大学高等学院 (東京都・2年連続12回目)
  聖光学院高等学校 (神奈川県・初出場)
  開成高等学校 (東京都・2年連続10回目)  

 東海地区代表 (6校)
  聖マリア女学院高等学校 (岐阜県・2年連続3回目)
  東海高等学校 (愛知県・6年連続17回目)
  愛知県立岡崎高等学校 (愛知県・2年ぶり10回目)  
  名古屋市立工芸高等学校 (愛知県・2年連続2回目)
  愛知県立千種高等学校 (愛知県・2年ぶり16回目)
  金城学院高等学校 (愛知県・初出場)  

 近畿・北陸地区代表 (6校)
  洛南高等学校 (京都府・2年連続4回目)
  灘高等学校 (兵庫県・2年連続2回目)
  滋賀県立膳所高等学校 (滋賀県・2年ぶり10回目)  
  神戸女学院高等学部 (兵庫県・初出場)
  奈良学園登美ヶ丘高等学校 (奈良県・3年連続3回目)
  富山県立富山中部高等学校 (富山県・3年ぶり3回目)  

 中国・四国地区代表 (3校)
  岡山県立岡山操山高等学校 (岡山県・8年連続9回目)
  岡山白陵高等学校 (岡山県・2年連続10回目)
  広島学院高等学校 (広島県・初出場)

 九州地区代表 (6校)
  福岡県立小倉高等学校 (福岡県・7年連続10回目)
  青雲高等学校 (長崎県・10年連続14回目)
  熊本県立熊本高等学校 (熊本県・2年ぶり11回目)
  福岡県立修猷館高等学校 (福岡県・15年連続15回目)
  昭和薬科大学附属高等学校 (沖縄県・3年連続10回目)
  興南高等学校 (沖縄県・初出場)  

地区大会奨励賞・受賞校

 中学校の部
  北嶺中学校 (北海道)
  山形大学附属中学校 (山形県)
  佐野日本大学中等教育学校 (栃木県)
  加藤学園暁秀中学校 (静岡県)
  大阪桐蔭中学校 (大阪府)
  福山市立福山城南中学校 (広島県)
  宮崎県立宮崎西高等学校附属中学校 (宮崎県)

 高校の部
  北海道札幌開成高等学校 (北海道)
  岩手県立盛岡第一高等学校 (岩手県)  
  高崎市立高崎経済大学附属高等学校 (群馬県)
  海陽中等教育学校 (愛知県)
  兵庫県立西宮南高等学校 (兵庫県)
  京都女子高等学校 (京都府)
  済美高等学校 (愛媛県)
  福岡県立伝習館高等学校 (福岡県)